菱川師宣記念館で「モダンアートの巨匠 東郷青児展」@2019年1月19日から2月17日まで開催

浮世絵の元祖と称される菱川師宣の生誕の地である千葉県安房郡鋸南町にある菱川師宣記念館は、2019年1月19日から特別展「モダンアートの巨匠 東郷青児展」を開催します。

東郷青児はその独特のロマン溢れる女性美が特長で、現在も色褪せることなく輝きを放っており、根強いファンが多くいます。

今回の展示品は、全て、東京新宿の 東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館所蔵の作品になります。

今回の特別展では、江戸時代初期に確立された菱川師宣の作風と、昭和初期のモダンアートの「東郷青児」の詩情あふれる女性美を合わせて紹介するという企画になります。

■特別展「モダンアートの巨匠 東郷青児展」開催概要

★会期

平成31年1月19日(土)~2月17日(日)
※1月17・18日、2月18・19・20日は展示替えのため休館

★休館日

月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日休館)

★特別展入館料

大人 600円(500円)  
小・中・高校生 300円(200円)
( )内は団体20名以上の料金

※鋸南町在住の方 
大人 300円(200円) 
小・中・高校生 無料
( )内は団体20名以上の料金

・特別協力
公益財団法人損保ジャパン日本興亜美術財団

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

・協賛
株式会社 渡保険センター

■菱川師宣記念館(Hishikawa Moronobu Memorial Museum)施設情報

・住所
〒299-1908
千葉県安房郡鋸南町吉浜516

・TEL 
0470-55-4061

・アクセス
電車:JR内房線保田駅下車 徒歩15分
車 :高速富津館山道路 鋸南保田ICより5分 国道127号沿い 道の駅きょなん内

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です